茶漬けです、どもです

少し前のクラン対戦で大敗を喫しました
相手はそこまで強い相手ではなかったのに埋まらない星
正直にいって勝てない相手ではなかった
それが参加していない人も含めての印象

私、負けず嫌いです、多分
やれることをやりきって勝ちたい、諦めたくないといつも思います
おまけに血の気も多いです、おそらく

やりきるってなんだろう?


メンバーラオさんのお言葉

ここまでチームで協力してやったけど負けた…
なら納得できる

 
クラン対戦は常にパーフェクトを目指して勝ちにこだわります
新人さんにルールや方針として示してあるわけではありません

なぜパーフェクトなの?
パーフェクトってガチクランだって難しいのにムリじゃね?

そうかもしれません

うちは勝率8割という負けることも連敗することも割と少ないクランです
各自が勝つためにできることを考えて行動する
攻める先もそれぞれが判断し、時には相談しあって攻めていきます
新人さんやタウンホールが低い人たちからみると
いつでも星が埋まっていき勝てているように錯覚してしまうかもしれません

ただ単に勝てればいいというクラン


もう勝てるから、ファンタスティックな攻めも見たいな
あの村を誰かが埋めてくれたら勝ち確定だから、報酬も狙えるよね
勝ち負けにはもう影響がないから、自分は攻めたいところを好きに攻めてもいいよね

もう勝てるという状況に
ここまで星がしっかりと埋まってきたのは
格下の取りこぼしや埋まらない星をとってくれたのは
他でもない一緒に戦っているメンバーだよ

もっというとタウンホールがまだ低いメンバーの成長をバックアップして
援軍を惜しみなく送ってくれているのもメンバーだよ

クラン戦はひとりではできません

下から確実に埋める!パーフェクトを目指す意味


クラン対戦はどう頑張ってもひとり2回までしか攻めれません
自分が関われるのは全体としての2でしかない
誰かひとりでも、いや連鎖するようにひとりふたりと
下位の埋まらない星を残したまま攻めたいところを好き好きに攻めていったとしたら…

同格から攻めていれば勝てたはずの対戦
全く強くない相手との対戦
それですら勝つことは難しくなるでしょう

パーフェクトを目指すということは
上の星も下の星も同じ3という星に変わりはないのだと重みは同じものと理解すること
下位の星を軽視しないためにチームとして目指すことに意味がある
1回目の攻めからより確実に埋めていけるように
上位を全壊できそうなメンバーの攻めをできる限り残す立ち回りができるように
そうすると
2回目に攻めたいところを攻める余裕がもてるかもしれない
戦況に応じた攻めどころの見極めは難しいときもあるけど
なにより同格や格下でも軽視せずに星を積んでくれるメンバーは信頼されます

祝!クラン対戦でパーフェクト!決めたのはこの男!


下から埋める重要性を新人さんに理解して貰うこと
問いかけは難しい(クラッシャーゆえにね…💦)
上を目指したい気持ち、格上チャレンジの魅力は否定できるものではないの
みんなそうだもの


メンバーたーさんのお言葉

クラクラはチーム戦だから
自分が行けるかどうかの視点だけで成り立たないゲーム



昨日のクラン戦では
合わせて報酬狙いについてストレートに意見が飛び交いまして
下から確実に埋める重要性
下から確実に埋める重要性
下から確実に埋める重要性

流石のりたま♡

祝!パーフェクト!
クランB.B.A.Rush、2度目のパフェ!(記憶が正しければ…)
お疲れ様でした!
下から確実に埋めることができたおかげだね!


最後まで読んでくれてありがとうございます
今日もハッピーにクラクラを